税金の知恵袋

現役税理士が、皆様の税金に関するさまざまな疑問を解決し、さらにはお得情報をお知らせします。

インボイス適格請求書発行事業者の登録申請をやってみた

calendar

reload

2021年10月1日からインボイス発行事業者の登録が始まりました。

早速、私の税理士事務所について、「適格請求書発行事業者の登録申請書」を税務署へ提出しましたので、その作成過程をアップします。(e-taxによる電子申請)

スポンサーリンク



インボイス制度及び適格請求書とは?

「インボイス?」「適格請求書?」「申請?」という方も多いと思いますが、次のサイトで説明していますので、ご覧ください。
 →2021年10月1日からインボイス発行事業者の登録が開始されます


スポンサーリンク

適格請求書発行事業者の登録申請

申請すべきか

まずは、「適格請求書発行事業者の登録申請書」を提出すべきかどうかの問題があります。

課税事業者は、深く考えることなく申請すべきです。デメリットはないはずです。

免税事業者については、申請すべきなのかを検討する必要があります。

その点についても、上記のサイトで案内していますのでご覧ください。
 →2021年10月1日からインボイス発行事業者の登録が開始されます

申請はいつすべきか

この適格請求書発行事業者の登録申請ですが、少なくとも消費税課税事業者は、登録申請をすべきですが、慌てる必要はありません。

2023年(令和5年)3月31日までに申請すれば、インボイス制度がスタートする2023年(令和5年)10月1日には間に合います。
登録申請スケジュール

ただ、忘れることもありますので、お早めに登録申請をされることをおすすめします。


スポンサーリンク

適格請求書発行事業者の登録申請の実際

紙(書面)で申請書を提出する場合

「適格請求書発行事業者の登録申請書」を紙(書面)で提出する場合は、様式を国税庁HPからダウンロードします。

■提出先について注意

申請書の送付先は、所轄税務署ではありませんのでご注意ください。
郵送による送付先は、各地の「インボイス登録センター」になります。
 →郵送による提出先のご案内(国税庁)

e-tax(電子申請)で申請書を提出する場合

実際に私が国税庁のe-taxソフトで申請した手順をご紹介しましょう。(e-tax利用開始申請書が提出されていることが前提になります)

今回は、ソフトウエアをダウンロードするe-Taxソフトを利用しましたが、ダウンロード不要でできるe-Taxソフト(WEB版)や、スマホでできるe-Taxソフト(SP版。個人事業者のみ)も利用できます。
登録申請書手続きにおけるe-tax対応の概要
(画像引用:国税庁)
 →e-Taxソフト(WEB版)へ
    登録申請データ作成マニュアル(e-Taxソフト(WEB版))(PDF/5,057KB)へ

 →e-Taxソフト(SP版)へ
    登録申請データ作成マニュアル(e-Taxソフト(SP版))(PDF/5,980KB)へ

■e-Taxソフトの起動



「申請 消費税」については、最新バージョンになっていることを確認してください

■利用者ファイルを選択

過去にe-Taxで申請したことがあれば、そのデータを呼び出し、初めてなら「新規に利用者ファイルを作成する」を選択します。過去に申請した際のデータが見つからない場合も、「新規に利用者ファイルを作成する」を選択します。

「新規に利用者ファイルを作成する」を選択した場合は、利用者識別番号や名前を入力します。



■申請書の作成

画面左側の「メニュー」から「作成」を選択し、画面右下の「新規作成」をクリックします。


作成する手続きの種類は「申請・届出」を選択し、税目は「消費税」を選択します。


個人の場合は、「個人消費税」から、法人の場合は「法人消費税」から「適格請求書発行事業者の登録申請(国内事業者用)を選択します。
作成する帳票選択



申告・申請等名には、「適格請求書発行事業者の登録申請書」と入力するといいでしょう。


基本情報を編集します。

個人の場合の画面です。


e-tax利用者識別番号を入力。個人の場合は、個人番号も入力します。また、所轄税務署を選択します。

画面を下へ移動させます。
さらに画面を下へ移動させます。



法人の場合の画面です。

法人の場合は、法人番号を入力します。

画面を下へ移動させます。



基本情報の入力が完了して「帳票一覧」画面に戻ったら、その帳票をクリック後、右下の「帳票編集」で申請書の入力画面へ移動します。



「適格請求書発行事業者の登録申請書」画面です。(個人の場合)
「事業者区分」には、申請書を提出する時点で「課税事業者」なのか「免税事業者」なのかを選択します。

入力が完了したら、「作成完了」をクリックします。

法人の場合は、代表者情報も入力します。



帳票一覧画面に戻ったら、状態が「作成完了」になっているか確認しましょう。

■電子署名

次は、署名です。

画面左側のメニューから「署名可能一覧」をクリックすると、入力した「適格請求書発行申請書」が表示されます。

画面右下の「署名」をクリックして電子署名をしてください。

■送信

署名が完了したら、いよいよ送信です。

画面左側メニューの「送信可能一覧へ」をクリックすると、「適格請求書発行申請書」が表示されます。

署名数が「1」になっているのを確認して、画面右下の「送信」をクリックします。



即時通知結果が表示されます。送信が正常に終了したことを確認しましょう。



画面左のメニューより「メッセージボックス」を選択します。

「適格請求書発行事業者登録申請」の受付結果が「受付完了」になっていることを確認し、画面右下の「詳細表示」をクリックします。



メール詳細として、「送信されたデータを受け付けしました」と表示されていれば、申請は終了です。


登録通知

登録通知は、書面で届きますが、e-Taxで登録申請した場合は、「登録通知書」を電子データで受領することができます。

「e-Taxソフト」の場合、申請様式上の希望欄で「希望する」を選択します。

「e-Taxソフト(WEB版)」「e-Taxソフト(SP版)」の場合は、登録申請時に「電子データで受け取りを希望するか」の質問が表示されますので、「希望する」を選択します。


国税庁適格請求書発行事業者公表サイト

登録申請書を提出し、適格請求書発行事業者として登録されると、「国税庁適格請求書発行事業者公表サイト」において、登録情報の公表が行われます。(2021年(令和3年)11月1日から確認できる予定です)

この「国税庁適格請求書発行事業者公表サイト」では、取引先から受け取った請求書等に記載された登録番号が正しい「登録番号」であるか、また、その記載された「登録番号」が取引時点において有効なものかを確認することができます。

 →国税庁適格請求書発行事業者公表サイト


【投稿者:税理士 米津晋次

(Visited 358 times, 11 visits today)
error: Content is protected !!