保険満期金|税金(一時所得、贈与税)のしくみと確定申告、扶養への影響

buisnessman_money_niyake

養老保険や学資保険など、掛け捨て以外の保険は、満期が来ると保険満期金がおりてきます。

また、これらの保険は、満期まで待たずに途中で解約した場合も、解約返戻金がおりてきます。

このような保険満期金・返戻金に税金はかかるのでしょうか。

今回は、保険満期金・返戻金の税金について説明します。

スポンサードリンク
  

保険満期|一時所得、贈与として税金がかかる場合も

養老保険や学資保険などが満期になって満期保険金を受け取った場合には、税金がかかる場合があります。

それも、保険契約者と満期保険金受取人の組み合わせで、どのような税金がかかるかも異なってきます。

ちなみに、
・契約者とは、保険料を払う人
・満期保険金受取人とは、満期保険金を受け取る人
をいいます。

これらは、保険を契約する時点で決まっています。

契約者・満期保険金受取人の組合せにより税金の種類

・契約者・満期保険金受取人ともにAさんの場合

  →Aさんに所得税がかかる

・契約者がAさんで、満期保険金受取人がBさんの場合

  →Bさんに贈与税がかかる

保険満期|契約者=満期保険金受取人の場合は所得税がかかる

契約者(保険料を払った人)と満期保険金受取人(保険金を受け取った人)が同一であれば、受け取った満期保険金には、所得税がかかることがあります。

自分で保険をかけ、自分で満期保険金を受け取った場合です。

満期保険金を受け取ったことによる所得は、所得税の所得区分では、「一時所得」に該当します。

一時所得の計算

一時所得金額は、次のように計算します。

・(満期保険金-払込保険料-特別控除の50万円)×1/2

例えば、満期保険金が500万円で、払った保険料の総額が400万円だった場合、一時所得の金額は次のようになります。

・(満期保険金500万円-払込保険料400万円-特別控除50万円)×1/2
=25万円

特別控除50万円がありますので、満期保険金と払込保険料の差が50万円まであれば所得税はかかりません。

満期保険金の所得税額

一時所得は分離課税ではありませんので、給与所得や事業所得などほかの所得との合計額から扶養控除などの所得控除を引き、課税所得金額を求め、納付する所得税額が決まります。

上の例で、給与所得が500万円、所得控除額が125万円の人の場合、

・合計所得金額=給与所得500万円+一時所得25万円=525万円

・課税所得金額=合計所得金額525万円-所得控除額125万円=400万円

・所得税額=400万円×20%-427,500円=372,500円

※このほかに復興特別法人税が所得税額×2.1%かかります。

所得税の速算表
出典:国税庁

例外的に源泉分離課税となる満期保険金もある

生命保険でも、金融類似商品に該当する場合は、上記の計算ではなく、例外的に源泉分離課税となります。

その「金融類似商品」に該当する生命保険の代表的なものは、5年満期の一時払い養老保険です。

このほかにも、満期が5年を超える一時払い養老保険や一時払い変額保険(有期型)、一時払い個人年金保険などを5年以内に解約した場合も金融類似商品に該当します。

これら「金融類似商品」に該当するものの場合は、次の源泉分離課税額が差し引かれて課税関係は終了します。

・(満期保険金-払込保険料)×20.315%(復興特別所得税を含む)

保険満期|契約者=満期保険金受取人の場合は贈与税がかかる

契約者と保険満期金受取人が異なる場合には、保険満期金受取人は契約者から贈与を受けたことになり、贈与税がかかることがあります。

満期保険金に対する贈与税の課税対象額の計算

契約者以外の人が、満期保険金を受け取った場合の贈与税の課税対象額は、次のように計算します。(その年にほかに贈与がない場合。以下同じ)

・満期保険金-基礎控除110万円

例えば、満期保険金が500万円だった場合の贈与税の課税対象額は次のようになります。

で、払った保険料の総額が400万円だった場合、一時所得の金額は次のようになります。

・満期保険金500万円-基礎控除110万円)=390万円

なお、課税対象額が0円以下になる場合は、贈与税はかからないこととなります。

満期保険金に対する贈与税額の計算

贈与税の税額表には2種類あります。
特例贈与用と一般贈与用です。

スポンサードリンク

特例贈与とは、20歳以上の子や孫などへの贈与のことをいい、それ以外は一般贈与といいます。

該当する方の税額表を使って贈与税を計算します。

贈与税率
出典:国税庁

上記の例で、

特例贈与なら贈与税額は、

・課税対象額390万円×15%-10万円=485,000円

となり、

一般贈与なら贈与税額は、

・課税対象額390万円×20%-25万円=530,000円

となります。

満期受取人は変更も可能

一般的に、税金を多い・少ないという観点から見ると、所得税よりも贈与税の方が高くなります。

満期受取人を契約に変更しても問題にならないようであれば、保険会社に連絡して保険金受取人の名義を変更しましょう。

保険満期|確定申告と扶養への影響

上記のように、満期保険金を受け取った方には、所得税や贈与税がかかることがありますので、確定申告が必要になります。

つまり、

・契約者=満期保険金受取人の場合

  (満期保険金-払込保険料)>特別控除50万円

であれば、所得税の確定申告が必要になります。

・契約者と満期保険金受取人が異なる場合には、

  満期保険金>基礎控除110万円

であれば、満期保険金受取人は、贈与税の申告が必要になります。

確定申告の手続き

満期保険金を受け取った人で確定申告の必要がある場合に該当する人は、所得税の場合も、贈与税の場合も、その翌年3月15日までに所轄税務署に申告書を提出しなければなりません。

所得税確定申告書一時所得記載例

所得税の確定申告の場合は、所得税の確定申告書Bの様式を使います。

まず、第二表左側中央部の「○「雑所得(公的年金等以外)、総合課税の配当所得・譲渡所得、一時所得に関する事項」欄に記入します。

満期保険金450万円、払込保険料280万円の場合の記載例です。

一時所得に関する事項
出典:国税庁

次に、確定申告書第一表に移り、

まず、「収入金額等」の「一時」欄には、次の金額を記入します。

・第二表で記入した「差引金額」-特別控除50万円

そして、「所得金額」の「一時」欄には、次の金額を記入します。

・先に記入した「収入金額等」の「一時」の金額×1/2

一時所得第一表
出典:国税庁

贈与税申告書記載例

贈与税の申告書では次のように記載します。

「暦年課税分」欄のうち、
特例贈与の場合には、「特例贈与財産分」欄の下記項目に、一般贈与の場合には、「一般贈与分」欄の下記項目にそれぞれ次のように記入します。

贈与税申告書
出典:国税庁

・贈与者の住所・氏名等:保険契約者について記入します。

・種類:「その他の財産」と記入します。

・細目:「満期生命保険金」と記入します。

・財産を取得した年月日:満期保険金の受取日を記入します。

・財産の価額:満期保険金額を記入します。

満期保険期の扶養への影響

最後に、満期保険金を受け取った場合の扶養への影響について説明します。

所得税の扶養への影響

所得税や住民税の扶養への影響ですが、

まず、贈与税の対象になった場合には、全く影響がありません。

所得ではないからです。

一方、所得税の対象になった場合は、「一時所得金額」を含めた「合計所得金額」が38万円を超えると、扶養にはならず、配偶者控除や扶養控除は受けられなくなります。

※配偶者の場合は、配偶者特別控除を受けられる場合があります。

社会保険の扶養への影響

所得税の対象となった場合も、贈与税の対象となった場合でも、満期保険金を受け取ったことにより、社会保険上の扶養から外れることはありません。

贈与は、そもそも所得ではありませんし、満期保険金も継続的な所得ではないからです。

まとめ

保険満期金や解約返戻金の税金について説明してきました。

もし、保険満期金・解約返戻金を受け取った場合には、確定申告の必要があるかを判断し、
確定申告の必要があれば、忘れずに正しく申告するようにしましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

住宅資金贈与の非課税|概要と条件、必要書類、贈与税申告方法・書き方
扶養の範囲には所得税の扶養範囲と社会保険の扶養範囲の2種類ある
確定申告|認められる必要経費・どこまでが必要経費・注意点
賞与所得税の計算は、前月給与から所得税率が決定。社会保険料の計算は?
確定申告還付金の還付|いつ戻る?時期、還付金を受取る方法。注意点
確定申告とは?|申告の基本、申告する場所・時期、納税方法と還付時期など
医療費控除で不妊治療費は対象になる?交通費は?助成金は引くの?
廃止?配偶者控除と配偶者特別控除(扶養をはずれる税金は急に高くなる?)
FX|未決済ポジションの含み益、スワップポイントは課税対象か?
確定申告のやり方・手順|初めてでわからない方へ手順を説明します
特定扶養控除(大学生)|概要・要件は?年齢の判定は?見直し検討
住宅ローン控除|住民税でも控除される場合、計算方法や限度額
確定申告で経費になる税金・ならない税金|所得税・住民税・事業税等
中小企業経営強化税制と太陽光発電|即時償却or税額控除、対象か?
外貨預金の税金|利息以外に為替差益に要注意

Menu

HOME

TOP