キャリアアップ助成金(処遇改善コース)|概要・支給要件・申請手続

%e9%9d%9e%e6%ad%a3%e8%a6%8f%e9%9b%87%e7%94%a8

いわゆる非正規労働者のキャリアアップ等を促進する取り組みをした企業に支給されるのが、「キャリアアップ助成金」です。

この「キャリアアップ助成金」には、3つのコースがあります。

今回は、そのうち、キャリアアップ助成金の「処遇改善」コースについて、その概要や支給要件、支給額、申請方法について説明します。

スポンサードリンク
  

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)|概要

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)の目的

非正規労働者(有期契約労働者等)の処遇改善を通じたキャリアアップが目的であり、有期契約労働者等の賃金テーブル等を増額改定し、昇給を図った事業主に対して助成を支給するものです。

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)の概要

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)は、有期契約労働者または無期雇用労働者の賃金テーブルを一定以上増額改定した場合に、対象労働者数に応じて一定の助成金が支給されます。

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)|支給要件、支給額

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)の訓練の種類に応じた支給要件と支給額は、次のとおりです。

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)の対象労働者

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)の対象労働者は、申請事業主が雇用する次の(1)~(5)のすべてに該当する労働者です。

(1)その雇用するすべてまたは一部の有期契約労働者等に労働協約または就業規則に定めるところにより適用される賃金テーブル等を増額改定した日の前日から起算して3か月以上前の日から増額改定後6か月以上の期間継続して雇用されている有期契約労働者等であること

(2)増額改定した賃金テーブル等を適用され、かつ、増額改定前の基本給に比べて2%以上昇給している者であること

(3)賃金テーブル等を増額改定した日以降の期間について、事業主の事業所における雇用保険被保険者であること

(4)賃金テーブル等の増額改定を行った事業所の申請事業主または取締役の3親等以内の親族以外の者であること

(5)支給申請日において離職していない者であること

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)の必要措置

有期契約労働者等に対して、次のいずれかの取組を実施した場合に助成金が支給されます。

キャリアアップ管理者の配置・キャリアアップ計画の認定

ガイドラインに沿って、事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置し、かつ、「キャリアアップ計画」を作成して、それについて管轄の労働局長の認定を受けたこと

賃金テーブル等の改定

キャリアアップ計画に基づき、対象労働者に対する賃金テーブル等を次の(1)~(5)のすべ
てを満たして改定したこと。

(1)賃金テーブル等を作成していること

(2)すべてまたは一部の賃金テーブル等を2%以上増額改定し、その賃金テーブル等に属するすべてまたは一部の有期契約労働者等に適用し昇給させたこと

(3)増額改定前の賃金テーブル等を、3か月以上運用していること

(4)増額改定後の賃金テーブル等を、6か月以上運用していること

(5)支給申請日において改定された賃金テーブル等を減額改定または廃止していないこと

なお、職務評価加算の対象となるためには、雇用するすべてまたは一部の有期契約労働者等を対象に職務評価を実施していること

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)の助成金支給額(中小企業の場合)

○すべての賃金テーブル等を増額改定した場合、対象労働者の数により

・1人~3人:10万円
・4人~6人:20万円
・7人~10人:30万円
・11人~100人:1人当たり3万円

○一部(雇用形態・職種別等)の賃金テーブル等を増額改定した場合、対象労働者の数により

スポンサードリンク

・1人~3人:5万円
・4人~6人:10万円
・7人~10人:15万円
・11人~100人:1人当たり1.5万円

※ 職務評価の手法の活用により処遇改善を実施した場合は、職務評価加算として1事業所当たり20万円が加算されます。

※1事業年度1事業所あたり100人まで

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)|申請手続き

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)の手続きは、正社員化コースに比較すると、手続きが多くて大変です。

キャリアアップ助成金(処遇改善コース)を受給しようとする申請事業主は、次の順に手続きをしなければなりません。

キャリアアップ計画の提出

ガイドラインに沿ってキャリアアップ計画を作成し、賃金テーブル等の改訂を実施する前に、必要な書類を添えて、管轄の労働局に提出して、管轄の労働局長の認定を受けます。

支給申請

賃金テーブル等の増額改定後、6か月分の賃金を支払った日の翌日から起算して2か月以内に、「支給申請書」に必要な書類を添えて、管轄の労働局へ支給申請します。

まとめ

今回は、キャリアアップ助成金の「処遇改善」コースについて、その概要や支給要件、支給額、申請方法について説明しました。

特に手続きの順番と期限には注意しましょう。キャリアアップ計画の作成は、賃金テーブル等の改定を行う前である必要がありますし。支給申請の期限を1日でも過ぎると、受付してもらえません。

【こちらの記事も確認しましょう。】
キャリアアップ助成金28年8月10月拡充|中小加算、要件緩和、時間延長

キャリアアップ助成金(正社員化コース)|概要・支給要件・申請手続き

キャリアアップ助成金(人材育成コース)|概要・支給要件・申請手続き

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP