確定申告書を郵送で提出する|メリットとデメリット、やり方、注意点

確定申告書の郵送

所得税の確定申告書は、税務署や臨時に開設される確定申告会場へ提出するのが原則です。
しかし、わざわざ行くのは大変ですし、窓口で待たされます。

自分で申告書を書ける人は、郵送で提出できます。

そこで今回は、確定申告書を郵送で提出する場合について、そのやり方や注意点などを説明しましょう。


スポンサードリンク
  


確定申告書を郵送で提出する|メリットとデメリット


確定申告書を郵送で提出するメリット


確定申告書を郵送で提出するメリットは、次の点です。

・税務署や臨時確定申告会場に行く時間と費用を節約できる
・税務署等の窓口で待たされることがない。


確定申告書を郵送で提出するデメリット


一方、所得税の確定申告書を郵送で提出するデメリットもあります。

それは、次の点です。

・自分で確定申告を最後まで作成しなければならない。
・申告書の記載に問題があったり、添付書類に不足があった場合、訂正や再提出の手間がかかる。

したがって、自分で確定申告書を作成できる人は、郵送で提出するといいでしょう。




スポンサードリンク




確定申告書を郵送で提出する|方法・やり方


確定申告書を郵送で提出する方法について、詳しく説明しましょう。

封筒を用意する


確定申告書の大きさはA4です。

A4用紙が入る大きさの封筒を準備します。

「クラフト封筒 角形2号」がいいでしょう。


宛て先の記載をする


郵送する場合の宛て先は、管轄の税務署長です。

所轄税務署がわからない場合は、「税務署 (地域名)」で検索するか、どこかの税務署に電話して教えてもらいましょう。

表面には、所轄税務署の郵便番号、所在地を記載し、
「○○税務署 総務課御中」と記載してください。

下部に「所得税確定申告書在中」と記載することをおすすめします。


裏面には、自分の郵便番号、住所、氏名を記載します。


返信用封筒を用意する


税務署の受付印を押した申告書を返送してもらうには、返信用封筒を同封しなければなりません。

A4用紙が三つ折りで入る「長形3号」の封筒がおすすめです。

82円切手を貼り、自分の住所、氏名を返信用封筒の宛て先に記載します。


申告書控えも同封する


確定申告書を提出した証拠を残すため、控え用の申告書に税務署の受付印がほしいです。

したがって、提出用の確定申告書だけでなく、控え用の申告書も送付します。

送付する控えは、受付印がほしい確定申告書第1表、青色申告決算書の損益計算書、収支内訳書などだけでいいでしょう。

提出用申告書しか作成していない場合は、コピーをとって左上に「(控)」と記載します。


添付書類、提出書類も同封する


確定申告書に添付が必要とされているたとえば次の書類を申告書と一緒に郵送します。

添付書類には、次のようなものがあります。

・源泉徴収票(給与や公的年金)
・社会保険料控除証明書
・生命保険料控除証明書
・地震保険料控除証明書
・医療費の領収書(医療費控除を受ける場合)
・住宅ローン年末残高証明書
・登記事項証明書
・住民票
など

提出用切手を確認する


提出用封筒に、提出用確定申告書など、添付書類、控え用確定申告書など、返信用封筒を入れて、最後に必要な切手を貼ります。

定形外郵便ですので、必要な切手を間違えないようにしましょう。

特に、提出期限ぎりぎりの場合には、慎重にチェックしなければなりません。

もし、料金不足だと戻ってきてしまい、申告期限に間に合わないことになってしまうからです。

料金の境界の重さの場合は、念のため、重い料金分の切手を貼りましょう。





確定申告書を郵送で提出する|注意点


確定申告書を郵送で提出する場合には、次の注意点があります。


送付手段の注意点


所得税の確定申告書は、簡易書留や特定記録郵便など、追跡できる郵便で送付します。

宅急便やゆうぱっく、エクスパックなどは使わないようにしましょう。

確定申告書は「信書」に当たりますので、「郵便物」(第一種郵便物)又は「信書便物」として送付する必要があるからです。


提出期限の注意点


確定申告書を郵送で送付する場合は、消印日が提出日となります。

通常の提出期限は3月15日ですから、その日の消印があれば、3月16日に到着しても期限内申告として扱われます。

もし、同じ郵便局扱いでも、ゆうぱっくやエクスプレスパックで申告書を送付した場合は、税務署到着日が提出日となりますので注意してください。

宅急便などで送付した場合も税務署到着日が提出日となります。







まとめ


今回は、確定申告書を郵送で提出する場合について、そのやり方や注意点などを説明しました。

郵送で確定申告書を送付する一番のメリットは、時間の節約です。

申告書が自分で作成できる人は、確定申告書の郵送を活用してくださいね。

スポンサードリンク
(Visited 107 times, 3 visits today)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

確定申告書A・Bの違いとは?|見た目、所得種類、予定納税欄、職業欄など
確定申告でマイナンバー拒否|受付けされる?罰則は?拒否されたら?
FX|未決済ポジションの含み益、スワップポイントは課税対象か?
受取利息の税金|貸付金利息・利子と預金利息では課税関係が異なる!
平成28年分確定申告からのマイナンバー|記載個所・提示やコピー添付が必要に
相続した空き家を売却すると3000万円まで非課税になる要件・税金軽減額
医療費控除|薬局等で購入した薬代(風邪薬・絆創膏など)は対象になるのか
REIT(上場不動産投資信託)の税金(損益通算・繰越控除・配当控除)
医療費控除で歯科の自由診療(自費、保険外)は対象になるのか?
医療費控除|出産における検診・タクシー代、出産手当・出産一時金
競馬の税金・確定申告|馬券裁判、所得計算、いくらから?経費にできるもの
確定申告とは?|申告の基本、申告する場所・時期、納税方法と還付時期など
アフィリエイトの確定申告|申告のやり方や収入金額、必要経費はどうする?
一人喫茶・一人カフェ・一人スタバ代は必要計費になるのか?場所代?
確定申告|認められる必要経費・どこまでが必要経費・注意点

Menu

HOME

TOP